ハッピーライフ♪ ハッピーホーム♪ タマホーム♪

自由設計・注文住宅のハウスメーカー 家を建てるならタマホーム
高品質で低価格。

素晴らしい会社である!

担当営業マン寝屋川支店(当時)のOさんが熱心で親切。
展示場やホームページで見た玉木社長の理念には感動した!

タマホームは信頼できる!と思った。

だから2007年2月、僕は決断してタマホームと契約した。
僕の家族と僕の両親が住む3階建2世代住宅を素晴らしいタマホームで建てることにした。


基礎はホントしっかりしていた。
棟上したときの柱も立派。
チョイスした外壁もカッチョよかった。

6月初旬、外観も出来てきた。
家族のテンション上がったのは当然のことだ。
あと1ヶ月で引渡し、7月中旬には新築の家に引越しできる。

そりゃ、もう毎日ワクワクしてた。

仕事、仕事で親孝行、家族孝行できてなかった僕がやっと真似事でもできると思ってた。


でもね。それは長く続かなかった…。世の中、そうそううまくいくものではないのかなぁ…。



その不幸のはじまりは、6月7日のこと。

■第1弾:開かないドア事件

~施主支給ユニットバスなどの工事に来ていた義理の弟との会話~

義弟「お兄さん、ドア見ました?」

僕 「えっ、何?」

義弟「ドア、開きませんやん?」

僕 「えっ、開いてるやん」

義弟「90度開いてないですよ」

僕 「………」

  「!!!」

  「うわっ、ほんまや!」
  
  「壁に当たって、ちゃんと開けへんやん!?」

義弟「こんなん、ありえへんですよ」

僕 「設計図は当たってなかったで!」



僕の家、2世代住宅なので玄関が2つあるのだが、2つとも壁や柱に当たってドアの開きが90度未満なのであった。

もちろん設計図では、壁や柱にドアは当たっていない。

うーん、摩訶不思議。
何が起こったのだろう。

※何が起こったも何も設計&チェックミス!
b0111873_4572584.jpg








この事件をキッカケに出てくる出てくる。
いろんな不幸が…。


カップボードは入らない事件
ユニットバスは入らない事件
天井勝手に低くなってる事件
etc.

※事件の詳細は後日書くということで。


6月8日に工事が止まって、今日は7月5日。

まだ解決はしていない。

もちろん僕とタマホームは、今日現在、決して良好な関係とは言えない。
7月2日に呼び出して、やっとこさ登場した寝屋川支店長の物言いのおかげでかなり憤慨すらしている。

年老いた両親をはじめ家族(受験生含む)もブルーな毎日。

「このまま家はできないのだろうか…。」

「ごめんね。」

息子として父親として責任を感じてしまう。

で、あまりにも悶々とした毎日を過ごすのも何なので、あとでイイ思い出にするための記録としてこのブログを始めることにした。

これから僕の家が完成するまで、書き続ける。



「タマホームいいねぇ!」

今日もテレビをつけると、みのもんたが叫んでる。

みのさん、玉木さん…。

頼むよ…。


~ つづく ~


タマホーム
http://www.tamahome.jp/
[PR]
by apbt1 | 2007-07-05 05:06
<< 公的機関に相談してみる