友情に感謝

7月14日(土)

タマホームからの内容証明を手に、
『大阪市立住まい情報センター』の法律相談と『欠陥住宅を正す会』の相談会に行く。


まずは天六『大阪市立住まい情報センター』の法律相談。

弁護士さんに無料で30分間。
うーん、まあ無料ってこんなもんかなって感じ。
ちょっとした事例を聞けて参考になったが、ちょっとこの弁護士さんとはフィーリングがあわなかった。



天満橋に移動して、『欠陥住宅を正す会』の相談会に。

最初に、超ベテランの一級建築さん二人の方に話を聴いてもらった。
うん、うん、なるほど、かなり勉強になった。
ちょっと孫に物言う感じで、説教受けてるような感じだったが、これもご愛嬌。
かなり親切に教えてもらった。


次に、女性の弁護士さん。
ボランティアでやっていて、多くの相談者の方を待たせていたの忙しそうだった。
あまり聴いてくれそうにないので、ほどほどで話は止めた。

ここは入会金を払って、あとは相談が何度でも無料。
建築士さんは、地元のおじさんのようで良かった。
弁護士さんは、ちょっと僕のような事件では他を当たった方がよさそうかなと感じた。


さてさて、弁護士さんが必要だなと思い、勉強会仲間の二人に電話した。
二人は30代の不動産関係会社の経営者。

京都のY社長は、自分自身の経験から弁護士選びについて大切なことを教えてもらった。

「一番大切なこと、それは、この人なら自分と一緒に闘ってくれると信頼できる弁護士さんと出会うことです。その人が見つかるまでは、労力と相談料を惜しじゃダメですよ。見つけるまでが仕事です。あと法律的なやりとりは弁護士さんがやってくれますから。」

「うーん、なるほど。確かに、大切なことである!」と僕は思った。

なぜなら、この日、会った弁護士さん達と信頼関係が持てるとは思えなかった。
正直なところ「あなたはどちらの見方なの?」って感じたからである。


僕に必要な弁護士さん。

それは、まず100%僕の見方。
その上でできる、できないを見極めて僕と共に闘ってくれる人である。


僕は感謝の言葉を述べて京都のY社長との電話を切った。


次に大阪のY社長(あっ、またY!)は、僕の話をじっくりと聴いてくれた。
さすがコーチングの勉強を一緒にした仲である。

コーチングの手法である共感的受容を交えながら、ひととおり話を聴き終えて、

「噂には聞いてましたが、そんなにヒドイとは…。」

ちょっと知り合いをあたってみるとのことで話を終えた。

大阪のY社長の聴くスキルのおかげで、僕はこれまでのことを整理することができた。
ありがたい仲間である。感謝。



7月15日(日)

mixiの日記に弁護士を紹介してほしい旨を書いた。
マイミク(つまり登録している友達)だけにしか読めない日記にしているのだが、
これが、レスポンスのスゴイこと。

いや、ホントびっくりした。


と同時に僕の友人、知人、先輩…。

「なんじゃこれっ!」であった。

すんげえ、みんな親身になってくれる!
感謝、感謝である。


埼玉で弁護士会に努めているというソフトボール仲間。
義理の兄が弁護士しているという横浜のチームメイト。
犬仲間に弁護士がいるという愛知の野球観戦仲間の大先輩。
取引先にいろいろあたってくれる兵庫の野球仲間。
家族の人脈で弁護士を探してくれる地元大阪の後輩。
マスコミに顔が利く東京のチームメイト。
強烈なコネクションを持つ東京のアニキ。
などなど。


他のマイミクのみんなや友達からも励ましのメールや電話をいただいた

持つべきものは友だ。

ただの野球バカなのに、嬉しかった。

「甲子園や東京ドームに野球観に行ったり、野球ばかりしてるけど、その仲間おかげやね。」と嫁さんも喜んでくれた(苦笑)

この事件で、家族に迷惑かけたけど、友達のおかげで幸せな気分になれた。

ホント、みんなありがとう!
闘う力を得ることができたよ!






次回、弁護士 の巻き。


世の中には、まだまだ正義は存在するのである!



~つづく~



タマホーム
http://www.tamahome.jp/

大阪市立住まい情報センター
http://www.sumai.city.osaka.jp/

欠陥住宅を正す会
http://www.sun-inet.or.jp/~tadaskai/
[PR]
by apbt1 | 2007-07-30 03:16
<< 弁護士 いきなり弁護士から!?  >>