女弁護士

7月30日(月)

午後にタマホーム代理人のS弁護士から電話がある。

このS弁護士は女性。


僕は女性は嫌いな方ではないのだが、
このS弁護士はちょっといただけなかった。


タマホームの弱いものイジメに加担するだけでも、嫌悪感の塊であるのだが、


このS弁護士は声が『無理』!!


しゃべり方がヒステリック。
言葉は丁寧だが、心が感じられず事務的で冷たい感じがするのだ。
しかもインテリジェンスの欠片も感じられない。


「あー、早く切りたい。」


電話を受けた瞬間にそう思った。
が、仕方ない、我慢して聞いてみることに…。



話の内容はこうだ。


「話がしたいので、会えませんか?」

僕の出した内容証明に対しての返事は一切なし。

アホみたいに脅した文章をくれておいて、自分は3日以内に文章で返事をよこさない。

※「3日以内に返事をよこさないと~」ってあれね。
  内容はこちら → http://apbt1.exblog.jp/7250156/


こちらの内容証明からの質問に文章で返さなくて、
裁判で自分達が不利にならないのか?



あっ、そうか!


僕はなめられてたんだった…(苦笑)



おまけにだ。

「今週は忙しいので、来週くらいにしてください。」ときた。

僕には「3日以内に返事しろ!さもなければ~。」、
しかし自分の都合となると来週なのだ…。


あー、なんて身勝手な人なんだろう…。


さすがタマホームの代理人。

『類は友を呼ぶ』

昔の人はよく言ったものだ。



この弁護士事務所名、公表してもいいかも。

「ここの弁護士、失礼であまり賢くないですよ。」
「おまけに消費者泣かしの片棒担いでますよっ!」ってね。

この事務所の所長は、関西の有名私立大学OBの世話役やっているんだけど、
その前に、まず自分の事務所で雇っている女弁護士に行儀を教えてあげてほしいな。

まあ、とは言え、こんな弁護士を相手にしていても仕方ないので、


「じゃ、予定見て、また連絡します。」と言って僕は電話を切った。



夜にアニキ達に、この電話のことを話したら、

「バカだね…。その弁護士。」

「ほっときゃいい。」


と言われた。


まあ、8月30日現在、この弁護士Sはタマホームの代理人ではなくなっているのだが…。

詳しくは、また後日に書くとして、
この弁護士事務所、簡単に言えばタマホーム的にも『役立たず』だったわけである。



弁護士と言っても、いろんな人がいる。

クライアントもバカなら雇う弁護士もバカなものなんだなぁ…。







僕が女弁護士から電話を受けたこの日の夕方。

ある場所で動きがあった。

それは…。





次回、倒れる の巻き

うーん、まさかね…。







~つづく~



タマホーム
http://www.tamahome.jp/
[PR]
by apbt1 | 2007-08-30 03:09
<< いま  ~号外~ 真のプロフェッショナル達 >>