タグ:タマホーム ( 14 ) タグの人気記事

内容証明を出してみる

7月7日(土) 七夕

タマホーム本社の玉木康裕社長宛に内容証明を出してみることにした。

便利な世の中だね。
今は、インターネットで送れるんだ。

文字の大きさや余白のサイズを守れば字数もたくさん書ける。

郵便局に出むかなくていいという少しばかりの幸せ感をいだきながら作成。
なんかちょっとでも幸せ感を見つけないと、やってられない…。
ボタンをポチっと押して送信完了。




さてさて、なぜこんなことになったのか?

経緯はこうだ。


6月7日(木)
玄関が柱と壁にあたって90度開かない、天井が施主への相談もなしに低くなっているなどのミ
スが発覚。



6月8日(金)
夜に営業担当Tと現場監督Hを呼び出し、キッチン、ユニットバス、トイレ、洗面所の施主支給
工事を担当している義理の弟とその友人(住宅設備会社)の二人を立会いのもとクレームを出
す。(細かいことまで言えば、そりゃもうスゴイ数


6月11日(月)
工事ミスのチェックのため現場に来た現場監督H、工務の上司H他数名と会う。
その際、信頼関係をとりもどすべく修正案を提示する旨を要請


6月14日(木)
朝、工務の上司Hから修正案を受ける。
天井については、できるだけ高くする。玄関については柱を取れば、玄関が開く。
あとの施工ミスについては修正する。とのことだけ。


その後、営業担当Tと現場監督Hと何度か電話でやりとりする。

①玄関の柱を取ると設計が変わるし、自由設計、注文住宅の意味がない
②施工ミスにしても、一度つけたシステムキッチンをつけかえれば、実質中古品の価値になる
③ミスは仕方ないにしても、修理するからエエやろではすまないのではないか
④ましてや風呂場の窓のサイズがおかしいので、ユニットバスが正規の位置に設置できないのはどうしてくれるのか?(これについては未だに解答なし)
⑤注文住宅という契約については不履行ではないか?
⑥設計ミス、施工ミスで、迷惑をかけたのだから言葉でなく、カタチで示してほしい。
そもそもこちらが指摘しなければミスを認めない、現場監督は飾りか?
 天井が低くなるにしても、施主に一切説明もない。(あとになって三者面談でいったはずと言うが記録も出せない…ごまかしに入ってるんだな
⑧あなた達の権限で返事が無理なら支店長やその上に聞いてみてほしい。

などなど


6月26日(火)
またいつもの3人と現場で会う。
上司に相談して、ちょっとはマシな解答をとお願いしたのだが、もう一度話しをさせてほしいということで会った。

しかし答えはいつもと同じ。

僕「あなた達はガキの使いですか?  僕も仕事があるので、無意味なことに時間取られるのはツライんですけど。」

営業T「失礼な代替案を持ってきたら、お怒りになられるので。」

僕「あなた達に無理なんだったら、なぜ上司を連れてこないんですか?上司は逃げてるの?」

営業T「どうしたら、いいですか?」

僕「聞かれるから答えるけど、普通は金額の減額とかのペナルティでしょう。」

工務の上司H「それは、できません。」

僕「それなら、何か違う案を聞かせてください。」

3人衆「………」

まあ、こんな感じで平日の午後、無意味な時間を使わされてとても腹が立った。
とりあえず、怒りを我慢して、(顔は怒ってだろうけどね)


「支店がダメならその上に聞いて答えを聞かせて」と言って、帰ってもらった。

僕の時給も安くはないんだけどね。
この時間と慰謝料ホント請求したい…。



6月30日(土)
26日の答えとして営業Tから電話。

その内容に、もう、ほんとに驚いた…。
怒りを越えて笑ってしまった…。


なるほど、こういう会社だったのか…。
できればタマホームとは、早く良い関係に戻りたいと思っていたのだが。


「さすがにもう無理だな…。」

タマホームの経営理念を信じた僕がアホでした…。

※タマホーム経営理念
http://www.tamahome.jp/corp/corporate/investor/philosophy.html

こんな会社ミートホープやん!

電話の内容は次回に詳しく。




次回、あんた言葉の意味知ってんの?の巻


~つづく~


電子内容証明サービス
http://www3.hybridmail.jp/mpt/

タマホーム
http://www.tamahome.jp/
[PR]
by apbt1 | 2007-07-17 04:04

怒られた!?

7月6日(金)

大阪府建築士会に電話相談する。


相談員の建築士の方にひとおり事情を話した。

すると、

「あなた!しっかりせなアカンでっ!」

一喝された…。

そんなん通りまへんで、タマホーム無茶苦茶ですがな!
 設計図どおり建てんで、そんなん建売やがな!
 業界の恥さらしや!
 」

 中略…
(いろいろと根拠を教えてもらったのだが、今、争ってるので略)

「とにかく、引いたらあきまへんで!」


なんて、気持ちイイおじさんなんだ。

最初、なんでオレ怒られるの?と思ったのだが、根拠を聞いて納得してしまった。

タマホームがいい加減なのか、建築というものが素人相手にそもそもいい加減なことが簡単に
できるのか…。

その辺は微妙なのだが、建築士からしたら、今回のタマホームの仕事の仕方は職業倫理のカケラも感じられないくらい最悪なのだそうだ。

※タマホーム玉木社長の理念ももはや疑うばかり…
http://www.tamahome.jp/corp/corporate/index.html

とりあえず時間が決まっていたので、丁寧にお礼を言って相談を終わる。

----------------------------------------------------------------------------------
◆アドバイスいただいたひとつのやりとりを紹介しておこう。

建築士さん「図面は持っていますか?」

僕    「いや、平面図しか持っていません」

建築士さん「なんで、あなたの家なのに持っていないんですか?」

僕    「…」

建築士さん「そこからして、いい加減なんですよ。タマホームは。」 

ということから、現場監督のタマホーム寝屋川支店H氏に電話で図面などの取り寄せ依頼。
※これには地盤調査や建築確認などの書面を含む

「早々に、用意してお届けします。」と電話口では快く約束してくれたのだが…。

全然音沙汰がないので7月13日に電話をしてみると、ホゴにされてしまった

どうして自分の家の図面がもらえないのだろう…。
やっぱり図面がおかしいから出せないのかな?

そう、思っても不思議じゃないよね?
----------------------------------------------------------------------------------

このあと、世話になっている東京の先輩に報告と相談。

「ぜんぜん非がないじゃん!引く事ないよ。 別にヤカラをかけてるわけでもないしさ。」

そう、そのとおりである。
僕はああしろ、こうしろとは言っていない。

ただ開かない玄関ドアを開くようにするのに、柱とってデザインが変わるのは困る。
(他の細々したことも盛りだくさんにあるのだが…)
ようは最初に注文したとおりやってくれればイイだけ。
それができないのなら、どうしてくれるのか?

訊くと「うちは契約書28条3項にのっとってできません。」

アホの一つ覚えでももう少しこましな返事はないのかなぁ…。

あとはこちらから連絡取らないとほったらかし。

もし僕に非があるのなら、教えてほしいぞタマホーム!


そんなこんなで僕達家族の不安は募り、ムダでストレスの多い時間は過ぎていくのであった。

全てはお客様のために
http://www.tamahome.jp/prod/reason/2n0.html

笑かしたらアカンで!タマホーム!


次回、内容証明を出してみるの巻、お楽しみに♪


~つづく~


大阪府建築士会
http://www.aba-osakafu.or.jp/

タマホーム
http://www.tamahome.jp/
[PR]
by apbt1 | 2007-07-15 04:07

公的機関に相談してみる

7月5日(木)

大阪市消費者センターに電話。

なかなか繋がらない。

「えーい、行ってしまえ!」


父と一緒に、車に乗って南港にあるATCへ。


「自由設計、注文住宅のタマホームが、注文どおりの施工してくれないんです。」と消費者センターの女性相談員に相談。

「うーん、そりゃ、ひどいですね。」

「では、ここで相談してみください。」と2つ相談するところを教えてくれる。

「これってタマホームへの苦情としてカウントされるんですか?」と聞いてみた。

「もちろん、カウントします。」と女性相談員。



駐車場に戻って、まずはひとつめ、
大阪市立住まいの情報センターに電話してみる。

まずは電話での一般相談。

女性の相談員が出た。

先ほどと同じく、
「自由設計、注文住宅のタマホームが、注文どおりの施工してくれないんです。」と相談。

相談員「どうしてですか?」

僕    「玄関ドアが90度以下しか開かない建て方をされたので、
    クレームをつけました。
    すると、じゃ、柱とりましょうと言われました。
    それじゃ、デザイン変わるし、父も変だと言ってるので、
    違う方法ないのかと聞くと、それは瑕疵だから、それしか方法ない。
    で、なければそのままで、柱とる工事費払うしかない。と言われて困ってます。」


相談員「………」
    「ちょっと、待ってくださいね。」

~数分経過~

相談員「少し、他の相談員にも聞いてみましたが、そんなヒドイのは例がありませんね。
    大阪府建築士会に相談されてみてはいかがですか?」


大阪市消費者センターに教えてもらった二つ目のところだ。

次に、その大阪府建築士会に電話してみた。

月・水・金に電話相談があるとのこと。


早速、翌日に電話してみる。

すると相談員の建築士の口から衝撃の一言が…。

~つづく~


大阪市消費者センター
http://www.city.osaka.jp/Lnet/open.html

大阪市立住まい情報センター
http://www.sumai.city.osaka.jp/

大阪府建築士会
http://www.aba-osakafu.or.jp/

タマホーム
http://www.tamahome.jp/
[PR]
by apbt1 | 2007-07-07 03:52

ハッピーライフ♪ ハッピーホーム♪ タマホーム♪

自由設計・注文住宅のハウスメーカー 家を建てるならタマホーム
高品質で低価格。

素晴らしい会社である!

担当営業マン寝屋川支店(当時)のOさんが熱心で親切。
展示場やホームページで見た玉木社長の理念には感動した!

タマホームは信頼できる!と思った。

だから2007年2月、僕は決断してタマホームと契約した。
僕の家族と僕の両親が住む3階建2世代住宅を素晴らしいタマホームで建てることにした。


基礎はホントしっかりしていた。
棟上したときの柱も立派。
チョイスした外壁もカッチョよかった。

6月初旬、外観も出来てきた。
家族のテンション上がったのは当然のことだ。
あと1ヶ月で引渡し、7月中旬には新築の家に引越しできる。

そりゃ、もう毎日ワクワクしてた。

仕事、仕事で親孝行、家族孝行できてなかった僕がやっと真似事でもできると思ってた。


でもね。それは長く続かなかった…。世の中、そうそううまくいくものではないのかなぁ…。



その不幸のはじまりは、6月7日のこと。

■第1弾:開かないドア事件

~施主支給ユニットバスなどの工事に来ていた義理の弟との会話~

義弟「お兄さん、ドア見ました?」

僕 「えっ、何?」

義弟「ドア、開きませんやん?」

僕 「えっ、開いてるやん」

義弟「90度開いてないですよ」

僕 「………」

  「!!!」

  「うわっ、ほんまや!」
  
  「壁に当たって、ちゃんと開けへんやん!?」

義弟「こんなん、ありえへんですよ」

僕 「設計図は当たってなかったで!」



僕の家、2世代住宅なので玄関が2つあるのだが、2つとも壁や柱に当たってドアの開きが90度未満なのであった。

もちろん設計図では、壁や柱にドアは当たっていない。

うーん、摩訶不思議。
何が起こったのだろう。

※何が起こったも何も設計&チェックミス!
b0111873_4572584.jpg








この事件をキッカケに出てくる出てくる。
いろんな不幸が…。


カップボードは入らない事件
ユニットバスは入らない事件
天井勝手に低くなってる事件
etc.

※事件の詳細は後日書くということで。


6月8日に工事が止まって、今日は7月5日。

まだ解決はしていない。

もちろん僕とタマホームは、今日現在、決して良好な関係とは言えない。
7月2日に呼び出して、やっとこさ登場した寝屋川支店長の物言いのおかげでかなり憤慨すらしている。

年老いた両親をはじめ家族(受験生含む)もブルーな毎日。

「このまま家はできないのだろうか…。」

「ごめんね。」

息子として父親として責任を感じてしまう。

で、あまりにも悶々とした毎日を過ごすのも何なので、あとでイイ思い出にするための記録としてこのブログを始めることにした。

これから僕の家が完成するまで、書き続ける。



「タマホームいいねぇ!」

今日もテレビをつけると、みのもんたが叫んでる。

みのさん、玉木さん…。

頼むよ…。


~ つづく ~


タマホーム
http://www.tamahome.jp/
[PR]
by apbt1 | 2007-07-05 05:06